固定回線の代わりにWIMAXを使おう!おすすめな人はどんな人?

固定回線をやめてWiMAXだけにしようかなあ
どんな人におすすめなのか特徴を比較してみてみましょう

WiMAXと固定回線の特徴を比較する

固定回線とは、自宅にネット回線を導入することで、ネットを接続できるようになるサービスです。
その一方で、WiMAXは持ち歩きが便利なモバイルルーターを利用することで、ネットに接続できるのが大きな特徴です。

固定回線の特徴

固定回線は、かつてはADSLが広く普及していましたが、現在では、より高速で安定している光回線が主流になっていることは、みなさんご存知だと思います。

固定回線の特徴は、自宅にネット回線を引き込むことによって、高速で安定したネット環境を確保できる点です。
無線LAN環境を確保できれば、自宅内で複数のパソコンを接続できますし、Wi-Fi設定をすればスマホも快適に使えます。
この安定性と幅広い用途があるからこそ、固定回線が広く普及しているのです。

WIMAXの特徴

WiMAXとは、自宅はもちろん、外出先でも手軽で快適なインターネット環境を導入できるサービスです。

つまりルーターをいつでも持ち歩くことで、いつでもどこでもネットに接続できることになります。外出先でもネットができるわけです。

「外出先のネット接続ならスマホでもできるよ」という方もいらっしゃるかもしれません。
たしかにその通りですが、スマホの場合はデータの通信量が上限に達した場合には、速度が極端に遅くなってしまう問題があります。

WiMAXでもこの問題はありますが、スマホよりもずっと条件は緩く、データ通信量が無制限のプランを選べば、よほど短期間の間に大量のデータを送受信しないかぎりは大丈夫です。

それに、スマホは便利ですが書類の作成や画像の作成、確認などの作業では、やっぱりモニター画面が大きいパソコンの方が適しています。
無料Wi-Fiが使える環境でないと接続できない、といった不便もなく、モバイルルーターを使っていつでも利用できますから、これは大きなメリットです。

WiMAXを固定回線代わりに使うのがおすすめな人は?

自宅でも外出先でもネットを快適に使える。
だったらWiMAXを固定回線代わりに使ってもいいじゃないか、と考えることもできます。
しかし、この点に関しては、向いている人とそうでない人がいます。
向いている人とはどのような人なのか、みてみましょう。

外出先でネットを利用する機会が多い人

ひとつの契約で自宅と外出先両方でネットを利用できる環境を導入できるのですから、外出先でネット利用の多い方には、費用の面でも非常に魅力的です。

一人暮らしなどの住環境

それから一人暮らしやあまり広くない家に住んでいる方です。
固定回線に比べてこちらはルーターからの距離があったりすると、途中にエアコンや固定電話など、他の電波の干渉を受けると接続が不安定になりやすい、という難点があります。

ですから、一人暮らしのように、モバイルルーターをいつも近くにおいて接続できるなら問題ありませんが、家族で使う場合などは、どうしてもルーターから距離がある環境で接続する必要も出てきます。
それに、家族全員で使うと、データ通信量が多くなりすぎてしまう面もあります。

こうした難点は技術の進歩で改善されつつありますが、やはりWiMAXは、一人暮らしの場合の方がより向いているのは、間違いありません。

WiMAXが固定回線より便利な2つのポイント

工事不要

WiMAXが固定回線よりも優れている理由としては、「ルーターを導入すれば工事の必要もなくすぐに導入できる」点です。
転勤などで引越しが多いと、固定回線では、その度に回線の引き込み工事が必要になりますし、住宅の立地環境によっては、思うように工事ができないケースもあります。

申し込んで工事の予約をとりたくても、希望の日時が空いていない、ネットを接続できるようになるまで日数がかかってしまう等、固定電話にありがちな不便さがないのはとても良い点ですね。

ホームルーター

WiMAXには、モバイルルーターだけでなくホームルータータイプもあり、こちらを選べば、固定回線とほとんどかわりない環境で利用することもできます。
モバイルルーターに比べて電波が強いので、通信も安定しやすく、自宅でネットを快適に使いたい、という方が固定回線代わりに使う際に適しているでしょう。

固定回線と比べたときのWiMAXの3つの弱点

WiMAXは電波が不安定になる

WiMAXの悪い点は、先ほどおすすめな人の部分で触れましたが、ルーターから離れた場所で利用すると、接続が少々不安定になってしまう点です。
ネットを接続するのはもっぱら自宅だという方には、固定回線代わりとしてはあまりオススメできないかもしれません。

月額料金が割高?

月額料金に関しては、以前は固定回線に比べてコストパフォーマンスに落ちる面もありましたが、Broad WiMAXのように割安料金で提供するプロバイダが登場したことで、払拭されつつあります。

通信量超過で速度制限

それからこちらも先ほど少し触れましたが、WiMAXでは、データの通信量が多すぎると速度制限がかかることもあります。スマホに比べるとそれほど心配する必要はありません。
しかし、7GBのプランを用意した場合、1ヶ月にこの容量を超えてしまうと一気に速度が遅くなってしまう問題が出てきます。

また、無制限のプランでも、3日間に10GBを超えてしまうと速度制限がかかることもあります。短期間に集中してデータの送受信を行う人はちょっと注意した方がいいかもしれません。

>>速度制限に関してはこちら

 

固定回線やめてWiMAXにしても大丈夫そうだな